MEIDI-YA STORE
MEIDI-YA HOME TOP
New Arrival World Gourmet Guide Foods in Season Daily Recipe Enjoy a Party! The Sweet Club Gourmand Book





 夏のメニュー7月

 ビネガー風味が食欲をそそる
 夏バテ予防の元気料理


いよいよ梅雨明け。本格的な暑さに負けない元気料理で家族の健康を強力サポートしましょう。特に夏の野菜は、ビタミンやミネラルが豊富で、水分も多く、この時季にぴったりの滋味にあふれる自然からの贈り物です。例えばさわやかな「茄紺」が日本の夏色を象徴するなすは、夏野菜の代表。カリウムが豊富で、余分な水分を体外に排出して、むくみをとる作用もあります。これに夏バテの大きな要因となるビタミンB1の豊富な豚肉などを組み合わせれば、夏バテ防止の最強のひと皿に。さらにねぎ類やしょうがを加えれば、ビタミンB1の吸収もさらにアップします。そうした夏バテ防止のわが家の定番料理が「なすの酸っぱ炒め」です。なす、ねぎ、しょうが、豚ひき肉などを炒め、仕上げにワインビネガーを加えてさっぱりと仕上げます。特に油との相性のよい賀茂なすが手には行ったら、ぜひお試しを。なすをトマトとセロリに、またひき肉は鶏ひき肉などに変えても美味。お酢のすっぱさが食欲をそそり、温かい出来たてでも、冷蔵庫で冷やしても、おいしくいただけます。また使う油脂やお酢も好みのものを用いて、和風にも洋風にも仕上げられます。手早くできて応用のきく、夏 におすすめの料理です。
そしてもうひと皿は、イタリア料理のプロでもある息子に教わった「トスカナー風牛肉のタリアータ」。牛肉のオーブン料理ですが、こちらも夏野菜とバルサミコ酢をたっぷり使ったさっぱり料理。消化を助け、栄養素も豊富なお酢のパワーも夏の元気料理に不可欠のポイントです。


なすの滋味をパワフルに味わうさっぱり料理
「賀茂なすの酸っぱ炒め」


材料(4人分)
賀茂なす……4個
長ねぎ……1本
しょうが……1/2片
豚赤身ひき肉(または鶏ひき肉)……300g
ピュアオリーブオイル……大さじ1
ごま油……大さじ2
砂糖……大さじ1
天然海塩……小さじ1
みりん……大さじ1
しょうゆ……大さじ1/2
白ワインビネガー……1/2カップ
揚げ油……適宜(ピュアオリーブオイル他)
白髪ねぎ……適宜
 

作り方
1. なすは、縦半分にし、それぞれくし形に縦8等分し、水にさらします。長ねぎとし ょうがはみじん切りにします。
2. 揚げ油を180度に熱し、水けをよくふいたなすを揚げ、油をきっておきます。
3. フライパンに、オリーブオイルとごま油を入れて熱し、1.の長ねぎとしょうがを加 えて炒め、香りがたってきたらひき肉を加えてよく炒めます。
4. ひき肉に火が通ったら、砂糖、塩、みりん、しょうゆの順に入れて炒めて2.のなすを加えて炒め、なすに味がしみたらワインビネガーを回し入れ、ひと煮立ちしたら出来上がり。器に盛りつけ、白髪ねぎを飾ります。


ルッコラの香りとトマトの酸味がさわやかな
「トスカナー風牛肉のタリアータ 夏野菜添え」


材料(4〜5人分)
和牛赤身またはロース肉(塊)……600g
トマト……2個
セロリ……1/2本
にんじん……1/2本
ルッコラ……1束
岩塩……大さじ1
黒こしょう……小さじ1
ピュアオリーブオイル……1/2カップ
バルサミコ酢……大さじ2
レモン……1/2個
 

作り方

1. 牛肉の表面全体に塩・こしょうをすり込み、室温に1時間ほどおきます。(写真上)

2. トマトは湯むきして角切りし、セロリは筋をむいて薄切りに、にんじんは5cm長さ
の細切りにします。
3. オリーブオイル大さじ2を入れたフライパンを熱して1.の牛肉を加え、強火で表面
全体に焼き色が軽くつく程度にさっと焼きます。この時、中まで火が通りすぎないように注意。フライパンの焼き汁はそのままとっておきます。
4. 3.の牛肉は、8mm厚さのそぎ切りにし、オリーブオイルを塗った耐熱皿に並べ、2.
の野菜を上に散らし、250度に温めたオーブンに入れ、4〜5分焼きます。(写真中・下)
5. 3.のフライパンの焼き汁に残りのオリーブオイルを加えて火にかけ、まぜながらソ
ースをつくります。
6. 4.をオーブンから取り出し、熱した5.のソースを回しかけ、仕上げにバルサミコ酢
を全体にふりかけ、ルッコラを散らします。皿に取り分け、くし形に切ったレモンを添えます。


注目食材

No Picture
賀茂なす トマト 「マルホン極上胡麻油」「かめびし醤油本醸造こいくち」 「ポンティ白ワインビネガー」「ポンティ アチェット・バルサミコ」 「モニーニ ピュアオリーブオイル」